StumbleUpon

eBayがStumbleUpon買収に王手

次の記事

TechStarsの「起業家のためのサマーキャンプ」、招待者決定

快進撃を続けるスタートアップのStumbleUponについては、もう昨年11月ごろから買収交渉の噂があった。 最近になってまたGoogle、AOL、eBayの名前が候補にあがり交渉が再燃したという話も耳にした。この交渉に詳しい情報筋から今聞いた話では、どうやらeBayからの買収契約書にサインしたようだ。買収額は大ざっぱに見て$40~75Mの間(4千万~7千5百万ドル)の間ということだ(追: GigaOm がさっき$40~45Mと報じた) 。

StumbleUponではブラウザのツールバーからサイトの評価付けができる。いつでも気が向いた時に“Stumble!”をクリックすると、その “stumbling”した本人と投票傾向が似ている他のStumbleUponユーザーたちの間で最も評価の高いサイトに自動的にジャンプできるのだ。 ハズレがないわけじゃないけれど、大体は思いがけず面白いものに巡り合える。同社は動画レファレルのサービスも昨年遅く始めた。

夢中な人たちに話を聞くと、 StumbleUponは次に何が飛び出してくるか分からない、この“驚き”があるから好きなのだという。同社サービスの場合、面白い新鮮なコンテンツを届けてくれる命中率も高い。StumbleUponのサイトによると利用者数は昨年12月の170万人から増えて現在は210万人。毎日400万件ものサイトが”stumble”されている。

投資面では立ち上げ資金として$1.5M(150万ドル)を一度調達したきりである。ComscoreによればStumbleUponの 月間PV数は今年3月期、米国内だけで600万件にのぼり、前月の2倍に増えた。ユニークビジター数も激増しており、今年3月には昨年同期の3倍の90万人に達した。詳しくは下のグラフを参照されたい。

同社とその投資筋からはまだ情報の確認もコメントも取れていない。本当のこと言うと留守録にも返事がない有り様だ(これはつまり交渉はまだ続いている、という意味だ)。しかし、これだけ交渉を近くで見守っている人たちから裏が取れているのだから…。本当のところはもうじき分かるだろう。

[原文へ]