PanamaだけではGoogleと戦うのに不十分―Yahoo、RightMediaを買収

次の記事

大流行のバーチャルワールドにIACのZwinktopiaが新たに加わる

rmx direct logoYahooは今日(米国時間4/29)、広告ネットワークのRightMedia の株式の80%を$680M(6億8千万ドル)のキャッシュとYahoo株式で取得すると発表した。Yahooはすでに同社株の残り部分を買収ずみ。

Yahooは2006年10月に、 $45M(4500万ドル)のシリーズBの資金調達ラウンドでRightMedia株の20%を買収していた。現在までに総額$50M(5千万ドル)の資金を調達した勘定になる。

Yahooのこの動きは、今月Googleが総額$3.1B(31億ドル)のDoubleClick買収に対抗するもの。Panamaリリース後、さらに競争が激化するオンライン広告戦争でGoogleに対抗したいYahooが、さらなる軍備増強を必要としていることを示している。

RightMediaは従来の個別交渉によるモデルよりはるかに効率的に価格決定が行える広告の市場機能を備えている(この機能はDoubleClickではまだ計画段階)。詳しくは、2006年8月に書いたRMX Directサービスの記事を参照のこと。

OvertureとAdSenseがはっきりと多数の小規模な広告主とウェブパブリッシャーを対象としたロングテール向けサービスであるのに対し、RightMediaの取引相手は(DoubleClick同様)広告のいわば「ショートテール」を扱う大規模な中間広告ブローカーがメイン。

[原文へ]