新ブランドと新機能: Google IGがiGoogleになって再ローンチ

次の記事

eBayに全てのリスティング対象に「お持ち帰り」ウィジェットをローンチ

Googleのパーソナライズドホームページ、「Google IG」が、新ブランド「iGoogle」となって、明日(米国時間5/1)igoogle.comで再ローンチする。何人かのブロガーが今日Google本社に行ってきて、詳細を報告している。

iGoogleは、ひしめきあう「カスタマイズドAjaxホームページ」分野参入へのGoogleの第一歩。そこには、My Yahooという月間5000万ユーニクビジターのダントツのリーダーがいる。iGoogleは月間700万を越えたところだ。

ただし、GoogleはiGoogleを宣伝したことは一度もないし、MyYahooよりも優れた機能もいくつかある。中でもいちばん大きいのは、Googleパーソナライズドホームページではウィジェット(ガジェットと呼んでいる)がサポートされていることだ。Yahooは、MyYahooと、同社のウィジェットプラットホームのKonfabulatorとの統合をかたくなに拒み続けている。Googleのウィジェットを使うと、Gmal、Gtalkなどのサービスをユーザーページで直接使うことができる。iGoogleのテンプレートもようやくカスタマイズもできるようになる。Googleによれば、ユーザーの30%がこれを利用するだろうとのこと。

Googleのメインページには、「パーソナライズドホーム」へのリンクがついた。これでかなりのユーザーが新しくパーソナライズドホームページに送り込まれるだろう。どうする、Yahoo。

[原文へ]