Microsoft、Yahoo!買収に乗り出す

次の記事

PR NewswireとUmbria、新たなブログモニターサービスで提携

microsoft.jpgNY Postの今朝(米国時間5/4)の特ダネによれば、MicrosoftがまたもやYahoo!に接近、Sunnyvaleの検索ポータルに友好的な買収交渉の話し合いに乗るよう持ちかけている。

記事ではYahoo!の市場価値を$50B(500億ドル)と伝えた。なんでもあの世界的に著名なGoldman Sachsのバンカーたちに買収のアドバイスを依頼したようだ。このことひとつとってもMicrosoftがかなり本気で関心を示していることが伺える。

買収成立となれば米企業史上最大クラス、テクノロジー業界では文字通り最大の企業買収となる可能性もありそうだ。

Google以外の企業は今どこも市場シェア獲得に懸命だ。Askは妙なバイラルマーケティング(便器の上にアルゴリズム広告を出したり)を展開しているし、オーストラリアではMicrosoftのNineMSNサイトがTestraと提携するなど国別の合併努力もある。そして今回の提携まで各企業の応戦ぶりには非常に興味深いものがある。

MicrosoftがGoogleのことを競争違反と攻め立て、ただマウンテンビューのスーパーカンパニー(Google)に対抗したいがために一番のライバルの買収に奔走する日が来るとは、妙な時代になったものだ。

Update 10:20am EST: 市場はNY Postの報道を真剣に受け止めている。これを書いている時点でYahoo!株は18%あがって90mの出来高で伸びている。まだ取引開始から20分しか経っていない。因みに過去3ヶ月の同社株は1日平均が出来高23m。右肩上がりのYahoo株の値動きの推移はこちらでご覧いただける。

[原文へ ]