slideaware

SlideAware、プレゼンテーション管理プラットホームに新機能を追加

次の記事

インターネットは校内暴力や性感染症より危険である、という調査結果

slideawareプレゼンテーション管理用プラットホームを提供しているSlideAwareは月曜(米国時間5/7)、すでに便利なこのツールをさらに機能強化する。

SlideAwareは3月にローンチしたサービスで、ユーザーはこのサイトでFlash版のPowerPointプレゼンテーションを作り、そこに置いて共有するというもの。この手の機能を提供しているところは他にいくつもあるが、SlideAwareではさらに、プレゼンテーションのブライベート化や、パスワードを付けるなどの細かなアクセス制御や、プレゼンテーションの見られかたについての詳細な解析、ビルドをはじめとするPowerPointの重要な機能をサポートするなどの付加サービスを提供することによって、ビジネス利用での有力な候補となっている。

今回SlideAwareに追加される機能には次のようなものがある。

1. スライド上に位置を決めてコメントをつけられる。ConceptShareのコメント機能と似ている。
2. 豊富なプレゼンス管理(他のユーザーが見ているスライドをピクチャ・イン・ピクチャ風にプレビューでき、ワンクリックで同期をとれる)
3. ノートをPowerPointに直接取り込んで、修正できる。

新機能は、SlideAwareの目指すコラボレーション用ツールの本道を外れるものではない。

サービスには個人利用向け無料の基本バージョンの他に、プロフェッショナルと、ワークグループ向けのバージョンがある。

以下の新機能画面のイメージはTechCrunch独占。

sa1.pngsa2.pngsa3.png

[原文へ]