ニュース
PhotoBucket(企業・サービス)
MySpace

MySpaceとPhotobucketのユーザーはほとんど100%重複

次の記事

TheFunded― ベンチャーキャピタリストの評価サイト、VCを招き入れる

NewsCorpはPhotobucketに対してMySpaceに払った金額のほぼ半額を支払う予定だ。2005年のMySpaceの買収価格が$580M(5億8千万ドル)だったのに対して、Photobucketの買収価格は $300M(3億ドル)プラスearnout* (Google/YouTubeの例に比べたらもってけ、泥棒だ)。

しかし2つの相互に独立した調査サービスの分析によると、双方のユーザーがほとんど100%重複しているため、Photobucketの買収はMySpaceにほとんど新しいユーザーをもたらさないという。

Nielsen/Netratingsによると、MySpaceには5590万のユニーク訪問者がある。これに対してPhotobucketは1470万。ところが重複を除いたユニーク訪問者の合計は5770万。つまり現在のPhotobucketのユーザーのうちMySpaceを訪問していないのは、わずか180万人しかいないことになる。これはMySpaceにとって3%のユーザー増にしかならない。新しいユーザー一人につき167ドルを支払ったことになるわけだ。

Comscoreも同様の分析を示しており、77%のPhotobucketのユーザーがMySpaceを定期的に訪問しているとしている。

Comscoreは、比較の対象としてGoogleとYouTubeの例も挙げているが、こちらの方がさらに重複の率が高い。80%のYouTubeユーザーが同時にGoogleを定期的に訪問していた。

ただし[Google/YouTubeの例とは違って]MySpaceは従来からユーザーにPhotobucketと実質的に同様のサービス(写真とビデオの共有)を提供している。それではMySpaceがPhotobucketを買収したのは新しいサービスを提供するためでもなく、新しいユーザーを獲得するためでもないとすると、いったい何のためだったのか? Photobucketの機能と膨大なユーザーコンテンツを他の急成長しているSNSに取られるのを防ぐため?単に、買収できるだけの金があったから? 買収完了後にMySpaceがなんと説明するのか楽しみだ。

(訳注*) earnout: 企業買収時に設定されるオプションで、買収時に支払われる金額と別に、買収された企業が将来一定の営業成績を収めた場合、買収者が売却者に対して一定の金額を追加して支払うことを約束する。

[原文へ]