ニュース

奇妙なiPod特許申請。デュアルスクリーン、背面タッチパネル

次の記事

SharedCopy.com、ブックマーク・コピー・コメントを共有。

Appleが申請した奇妙なPodの特許がウェブ上で話題になっている。それによると、これはプレイヤー本体の前面、背面ともにスクリーンがある端末なのだ。SprintのUpStageiPhoneの融合のようなものだ。同申請によると、背面のタッチパネルの入力内容が前面のパネルに反映されるという。どうだろう、読者のみなさんは、そろそろ、頭の中が混乱してきてないだろうか。

説明すると次のようになる。「Nanoサイズ」と小さなデバイスなので、ホンモノのタッチパネル・インターフェースを採用するには小さすぎる。背面のタッチパネルでユーザーの指先が置かれた位置を感知。前面スクリーンに指先、または親指の位置をカーソルで表示する、というものだ。こうすることで、タッチパネルの表面積をスクリーン上にキーボードやその他の機能を配置するために利用できるようになる。実現可能なアイディアかって?イエス。この先すぐに実現するだろうか?おそらく、それは無いだろう。

これらは全てとても不確実な情報に基づいたものだが、今後の「Nanoサイズ」iPhoneのデザインの可能性を示唆するもの。そして、Appleに関するさまざまなうわさに拍車をかけるものだ。

[原文へ]