myminilife

MyMiniLife―貼り付け可能なバーチャルワールド

次の記事

謎に包まれるWikiwix―Wikipediaとの関係は?

MyMiniLifeはFlashベースのバーチャルワールド+ソーシャルネットワーク。ユーザーはキャラクターを作ってカスタマイズしたり、壁や床、ドアなどを組み合わせてバーチャル空間を作りあげていく。出来あがった空間には照明用のランプから大砲に致るさまざまなカスタマイズしたアイテムを置いて、そこにビデオや写真を埋め込んだり、ウェブページへのリンクを貼ることができる(サンプル画面で私のスクーターをクリックしてみてほしい)。
(訳注:訳者の環境ではクリックしても何も起きなかった)

ファンタジーの世界を作るユーザーもいれば、実世界の家やアパートそっくりのコピーを作る人もいる。他のユーザーが家を訪ねてきて、部屋を歩き回って絵やビデオを見て、メッセージを残したり、リアルタイムでオーナーとチャットしたりできる。アイテムには必ず「お金」が必要(後で売ってお金を取り戻すこともできる)。ゲームを開始した時にもらえるお金ではとても買えないような高額アイテムもある。ただしサイトの利用は無料で、広告収入で賄われている。

グラフィックはかなりシンプルだが、その分アバターをカスタマイズして簡単な空間を作るのは容易だった。Habbo HotelやCyworldなどのすでに定着している競合と違うのは、MyMiniLifeでは自分の世界をFlashウィジェットとしてどこのページにも貼り付けられるところで、MySpaceに置くこともできる。

簡単なサンプルを下に貼り付けてある。さらに凝った世界はここここにある。.

これは今ホットな分野で、バーチャルワールドのサイトは急速にユーザーを増やしつつある。競合のひとつClub PenguinはSONYと$500M(5億ドル)の買収の話し合いが進められていると噂されている。

[原文へ]