next-new-networks

マイクロテレビジョンネットワークを構築する「Next New Networks」

次の記事

Beboに$1Bの価値はあるのか?

nexnewnetworks.pngNext New Networksは「マイクロテレビジョンネットワーク」という荘大な計画を持ったオンラインメディア会社だ。

同社はニューヨークを拠点に、1月にSpark Capitalから$8M(800万ドル)を調達してローンチした。

サービスの後に控える人々がすばらしい。5名のファウンダーは、 Herb Scannell、Fred Seibert、Jed Simmons、Tim Shey、 Emil Rensing。CEOのScannellはNickelodeon Networkの前社長で、ViacomのMTVの副会長も務めた。SeibertはMTVの最初のクリエイティブディレクターで、Hanna-Bareraの前社長、SimmonsはExciteとTurner Broadcastingで上級役員を歴任した。SheyはインタラクティブエージェンシーのProteusを協同設立して経営に携った後、最近ではAmanda CongdonのポストRocketboomビデオブログプロジェクト、「Amanda Across America」をプロデュースした。

Next New Networksが目指すのは、ニッチコミュニティ対象に、インターネットベースの「マイクロテレビジョンネットワーク」を構築することだ。このコンセプトは、従来からのテレビのネットワークをインターネットの機能と融合させて、視聴者の参加、共有、コンテンツの配布を呼びかけるもの。

Next New Mediaの広報担当Brooke Hammerlingが会社が見据える「マイクロネットワーク」について次のように語った。

「[マイクロネットワークは]インターネット上のブランドとして、どんな時でも視聴者との繋がりを作るものです。すなわち、[Next New Media]のどのネットワークにも、最低1つ3~11分のショウ番組が毎週または毎日ある他、ウェブサイトもあり、iTunesやMy Yahooで購読できるフィードも提供されます。多くのネットワークにはYouTubeのようなサイトについてのチャンネルやホームページがあります。ユーザーはいつでもどんな方法でもネットワークの番組のあらゆる回の放送を見ることができます。」

Weblogs, Inc.がビデオブログと合体し、全地域配信モデルを採用したと思えばいいかもしれない。

Next New Mediaは、マイクロネットワークをこれまでに9つローンチさせており、これを30まで増やす予定だ。

Indy Mogul: 自作映画作者と映画マニア専門のネットワーク

Channel Frederator: 世界一独創的にマンガポッドキャストと称して、視聴者から投稿された中で面白いビデオを提供する。

Fast Lane Daily: 交通情報ネットワークで毎日、5分毎に新しい交通ニュースを送り出す。

Pulp Secret: 「世界最初のコミックブックニュースとカルチャーに特化したネットワーク」。コミックブックに関するニュースやインタビュー、レビューなど。

ThreadBanger: 自分の服やアクセサリーを作る人向け。DIYのヒントやノウハウも教えてくれる。

Veracifier: 「オリジナルなアイディア」のある「もうひとつのチャンネル」で、その日の出来事のレポートや解説をする。

VOD Cars: 「ブロードバンドで1番のクルマネットワーク」がキャッチフレーズ。ドライビングやレース、クルマ自慢、ドリフト、クルマと一緒にボーズした写真などの映像クリップが見られる。カーマニアのためのネットワーク。

同社は最近Veoh.comaの9チャンネル中7チャンネルを配信する契約を結んだ

コンテンツがニッチ向けなので、誰もが楽しめるというものではない。それでも、$8M(800万ドル)の資金と業界での豊富な経験を生かして、Next New Networksはこの分野で注目すべき会社になるだろう。

[原文へ]