compete

CompeteのAPI、オープン化される

次の記事

Webjayもデッドプール入り、Yahooハットトリック達成

competelogo.png今日(米国時間5/23)、ウェブのデータ解析サービスのスタートアップCompete.comはAPIを一般公開した。ウェブサイトやアプリケーションはCompeteにアクセスし、データを取り込んで自由に加工、利用できる。

このローンチはタイミングがよかった。CompeteはAmazonのAlexaと直接のライバルになるわけだが、 最近Alexaのデータの利用をめぐってAlexaとStatsaholicが非常に注目を集める喧嘩を始めてしまい、どちらも評判を落としている。この喧嘩は最近ついに訴訟にまで発展した。この騒ぎによるイメージダウンや、もとからAPIの使い勝手が悪かったことなどから、一部のサービスはAlexa離れを起こしている。うまくいけばCompeteはこの機に乗じてマーケットシェアをつかめるかもしれない。

CompeteはAPIの管理と配布にMasheryを利用している。われわれは昨年のローンチ時にMasheryを紹介しているCompete の過去記事はここに

[原文へ]