Google、「Adsense For Video」テスト開始―技術的に新味なし

次の記事

CompeteのAPI、オープン化される

adsense.pngGoogleはビデオ版のAdsenseの非公開ベータテストを開始したことを発表した。

Inside Adsenseに掲載された記事によると、この「Adsense for Video」はビデオストリーム内の広告になるという。パブリッシャーはそれぞれのビデオのどの部分に広告を挿入するか選択することができる。

これはGoogleとして正しい方向への一歩だと思う。YouTube用に以前に発表されていた広告の方式は完全にテキストベースのオーバーレイ表示で、クリックすると広告ビデオが再生されるというものだった。このような方式の広告では視聴者は簡単に無視できる。ビデオ内にCMビデオが挿入される方式は多くの視聴者に歓迎されないだろうが、少なくとも視聴者に見てもらえることは間違いない。

Adsense for Videoは、報じられている通りだとすると、コンテキスト広告ではないようだ。ビデオのパブリッシャーに広告が挿入される位置を選択させるというのは、制作の自由を与えるものだが、自動的に広告の内容を視聴者が興味を持つようなものに最適化するという方向へは全く進んでいない。

Googleはこの分野では遅れをとっているように思える。ビデオの内容を分析して連動する広告を挿入する技術はすでに存在する。 ScanScoutがそういうサービスを提供している。YouTubeを通じてGoogleが保有しているオンラインビデオマーケットの巨大なシェアを考えると、ビデオ広告のテクノロジーの面でもGoogleがマーケットのリーダーとして新機軸を打ち出してきても不思議はないと思うのだが。どういうわけか理由は明らかでないが、この分野でGoogleは立ち遅れている。

[原文へ]