Fix8、ウェブカム動画からCGアニメーションを自動生成

次の記事

新RealPlayer―YouTubeビデオを保存可能に

fix8.pngカリフォルニア州Sherman Oaksのfix8は「ユーザー生成リアリティー」と呼ばれるウェブカム動画からコンピュータ・アニメーションを生成するツールを提供している。

fix8を利用すると、ビデオ、アニメ、IMを統合してユーザーを既製品ないし、カスタムメイドのアバターに変身させ、しかもユーザーの動きを真似させることができる。

fix8のコアとなる技術はH.E.A.R.T. (Human Expression Analysis and Rendering Technology=人間の表情を分析して描写する技術)と呼ばれ、ウェブカムから取り入れた人間の表情やジェスチャー、動作をベースに動くアバターを作り、自由に動かしてウェブやTV画面に表示できる。近く携帯電話向けもサポートされる。

fix8は使い方が簡単で、クリエーティブな応用は無限だ。ユーザーはfix8を利用して制作したアバターアニメーションをMSN、Yahoo、SkypeなどのIMを通じて送ることもできるし、ファイルとして保存してからYouTube、MySpace、FaceBookなどに掲載して共有することもできる。

なんだそれだけのことか、とけなすのは簡単だが、fix8のような技術は10年、15年、いや20年前だったら何百万ドルもするシステムだっただろう。安価なウェブカメラをハブにしてアニメーションが制作できるようになれば、まったく新しいタイプのユーザー生成コンテンツが無数に制作されることになるだろう。fix8は小さなアプリケーションだが驚きの要素が詰めこまれている。残念ながら私のVistaのウェブカムでは作動しないので直接テストはできなかったけれども、私はこのソフトを「クール」と呼んでいいと思う。

詳しいデモが fix8の indexページにある。サンプルビデオを下に掲載した。

[原文へ]