Amp’d Mobile崩壊―$360Mを使い切って倒産申請

次の記事

RSSCalendar、旅路の果てへ

ampdmobile.png人気のモバイルバーチャルネットワーク事業社(MVNO)「Amp’d Mobile」が、米国デラウェア州の破産審査裁判所に、会社更生手続きを申請した。

同社は「VelvetPuffin」、「Loopt」、「Helio」と共に、世界26億人の携帯電話市場に、魅力あるモバイルベースのソーシャルネットワークを提供すべく、しのぎを削ってきた。

mocoNewsによると、Amp’d Mobileの負債はVerizon Wirelessに対して$33M(3300万ドル)、Motoralaに$16M(1600万ドル)、Vivendiに$10M(1000万ドル)にも上る。小規模なところではBestBuyの$8M(800万ドル)、MTV Networksの$1.8M(180万ドル)など。負債総額は$100M(1億ドル)を越えるが、保有資産はこの数字ほどにはない。

Amp’d Mobileはこれまで5ラウンドにわたって、$360M(3億6000万ドル)を調達している。出資者には、RedPoint Ventures、Highland Capital Partners、Columbia Capitalらがいる。

Amp’d MobileはTechCrunchデッドプール入りした。

[原文へ]