YahooがAPIプログラムで「Panama」の水門を開放

次の記事

MicrosoftがRed Hat八分で今度はXandrosと提携、IP保護の実現も

yahoosearchmarketing_logo.jpgYahooが今日(米国時間6/4)、Panama検索マーケティング専用APIへのアクセスを企業・開発者に無料公開するYahoo検索マーケティング商用APIプログラム発表した

広告主、開発者、広告代理店、テクノロジー企業はこのプログラムを使ってYahooが持つコアの検索マーケティング技術にプログラムを構築したり、 既存ビジネスの製品・サービスの最適化を図ったり、全く新しいタイプの検索マーケティング用ツールやアプリケーションの作成が可能になる。

Yahoo!広告&パブリッシャー・グループを総括するSusan Deckerは、Panamaの公開に踏み切ったのは何よりも市場シェア獲得のためだと語り、「当社の技術を誰でもアクセス可能にすることで広告パートナーに投資を惜しまない当社の姿勢を明確にし、開発者にも新たなチャンスを創出し、業界をリードする広告・パブリッシングの生態系を構築する当社のビジョン追求の重要な足がかりにしたい」とした。

PanamaのAPIアクセス無料公開については感動と絶望が相半ばといったところだ。Panama公開までにかかった膨大な時間を思えば感動だし、Yahooがやることは何から何まで後手だと思えば絶望だし。開発者は当分の間この新プログラムのあら捜しで忙しくなりそうだ。それだけでも業界で大歓迎となることは間違いない。もしかしたら日増しに厳しくなるGoogle Adwordsプラットフォーム支配反撃のきっかけになるかもしれない。

[原文へ]