MyLifeBrand―SNSのアグリゲーションサービス

次の記事

Incuby―発明家のためのSNS

mylifebrand.jpgMyLifeBrandは複数のSNSに加入しているユーザーが登録している情報を一箇所から管理できるアグリゲーション・サービスだ。

MyLifeBrandがカバーするSNSは、Friendster、LinkedIn、Bebo、Facebook、H15、Orkut、MySpace、TagWorldなどのメジャー・サイトの他に、AnglingMasters、Navy Seals、Drunk Duckなどのニッチなサービスもサポートされている。

ユーザーはMyLifeBrandの友達リストに、外部のSNSの友達リストを次々にインポートして「マスター友達リスト」を作ることができる。

たくさんのSNSに加入している場合、それぞれのプロフィールなどを管理するのが面倒なのは誰もが気づいている。ヘビーなWeb 2.0ユーザーはこの問題にはおなじみだろう。われわれは2006年11月のSpokeoの記事など、類似のサービスの紹介に努めてきた。

MyLifeBrandはSNSのアグリゲーションの分野でひとつのマジメな試みではある。しかし外部サイトをフレーム内に表示する機能は私の場合はなぜかうまく動作しなかった。(スクリーンショット参照)

FacebookのF8 platformのリリースはこの分野における進むべき道をはっきりと示したものといえるだろう。Facebookは外部のサイトやサービスを、MyLifeBrandのようにフレームを通じてではなく、直接自らのページ内に統合する。ユーザーとしては、こちらの方が使い勝手がはるかに優れている。こう言ったからといってMyLifeBrandがユーザーを全く獲得できないだろうというのではない。しかし、〔Facebookの動向を考慮すると〕この分野でメジャーな地位を狙うには、開発やデザイン、リリースの時期として、MyLifeBrandは半年から1年遅いと言わざるをえない。ロングテールというようなことで新規参入者にもチャンスがないわけではないから、グッドラックと言っておこう。しかFacebookに立ち向かうのは難行だろうと思う。

mylifebrand1.jpg