ニュース
wyzo

Wyzo―BitTorrent向けブラウザーとFirefox用拡張機能

次の記事

PAYjrで子供の家事手伝にお小遣いを払う―Web2.0スタイル

wyzologo.jpgWyzoという新しい会社が製品を2つ出してきた。WyzoブラウザーはFirefoxのコアを基に作られており、Fire TorrentというBitTorrent用プラグインを内蔵している。新しいブラウザーは使いたくないという人のために、Firefox用プラグインのFire
Torrentも用意されている。

Wyzoのメインターゲットは、BitTorrentをまだ使っていない人たちだ。Wyzoのチームは自分たちの製品がBitTorrentのヘビーユーザーに受け入れられるとは思っていない。狙っているのは、BitTorrentが何であるかも知らず、Firefoxの拡張機能のインストールのしかたもわからない人たちのために、必要な機能を全部盛り込んで設定も済ませたスタンドアロンのブラウザーを使わせてしまおうということ。

FireTorrentを使ってコンツンツをダウンロードするのは(WyzoでもFirefoxでも)実に簡単で、見た目ではFirefoxでふつうのファイルをダウンロードするのと何も変わらない。

拡張モジュールのベースとなっている技術はP2P Innovativeが提供するもので、uTorrent互換の高速ピア間データ交換や、STUNT、uPnP接続統合などをサポートしている。

Firefox用のBitTorrentアドオンは、4月にわれわれが紹介したFoxTorrentをはじめ、すでにいくつも存在している。合法なコンツンツをダウンロードしてみたところでは、FireTorrentに特に他と違うところはない。簡単に使えて、ダウンロードも比較的高速で、さらにアルファ版として驚きといっていいのだろうが、Vistaで安定して動いている。

しかし、実際に新ブランドのブラウザーとして出したところが違う。読者の中には単体のブラウザーを作るなんてばかげていると思っている人は多いと思う。その人たちに言いたいのは、「あなたがたはターゲットではないのだよ」、ということ。これは、私の母のような人のための製品なのだ。TechCrunchも読まず、BitTyrantのことも、それを保存するためのFirefoxアドオンのことも知ろうとしない人たちのためのもの。スタンドアロンのブラウザー市場というものが実在しているということは覚えておいた方がいいと思う。FlockにできてFirefoxのアドオンにできないことなど殆どないにもかかわらず、Flockにはユーザーが25万人以上いる。シンプルであることは、強力なセールスポイントになり得るということだ。

wyzo.jpg

[原文へ]