Apple、映画レンタルの開始へ

次の記事

Equilink―馬ファンのための検索エンジン

Appleは映画の販売に十分な経験を積んでいたはずだが、やっと今になって映画と音楽では購入者の態度がずいぶん違うことに気づいたようだ。音楽マーケットでは、長期間にわたって繰り返し繰り返し聞けるよう、楽曲を購入するユーザーが多い。しかし映画の場合は、それと違って、一回観れば十分ですぐに次の映画を観る、というのが普通のユーザーの態度だ。

つまり$10以上の価格で映画をダンロード販売するというAppleのビジネスモデルには相当大きな穴が空いていた。今やAppleもiTunes で映画のレンタルをサポートすべく大手スタジオと交渉しているらしい。

新しいサービスはこの秋にも開始され、料金は30日間のレンタルについて$2.99になるという。

これはApple TVのユーザーにとっても朗報だ。ダウンロードしたレンタル映画を、居間のテレビで見ることができる。普通のユーザーがケーブルテレビの契約をすっぱり打ち切れる日が近づいている。私は2007年の末にそうするつもりだ。

ちなみに、iTunesに映画レンタルの噂が持ち上がったのはこれが初めてではない。同じ話題に関する1年前のわれわれの記事参照 。今回にしてもSteve Jobsが壇上に立って公式発表を行なうまでは何も確定しないだろう。

すでに多くのサービスが映画のレンタルを始めている。2006年末のわれわれのiTunesとライバルを比較したまとめ記事参照。

[原文へ]