ニュース
ajaxwindows

何で、AjaxWindowsなんだ

次の記事

Powerset、成長モデルのシートを公開

ajaxwindowslogo.pngまたひとつ、AjaxWindowsというウェブデスクトップ(ウェブトップ)がローンチしたというので、もう頭がクラクラしてきた。このサイトとサービスはLinspireの作者が作ったといわれ、DesktopTwoによく似ていて、ブラウザー上でデスクトップ環境をタスクバーなどすべて再現するというもの。AjaxWindowsはさらに同期用クライアントを使って、パソコン上のデスクトップのミラーリングまでできる。この手のサイトは自分たちの価値を、どこにいてもデスクトップをアクセスできること、と称しているが、私に言わせればユーザーインターフェースのメタファを完全に履き違えているとしか思えない。

デスクトップは、オペレーティングシステム上のアプリケーションの整理や管理するためにある。ウェブアプリケーションについてこの役目を果すのがブラウザーだ。メールをチェックするにはGmailに行く。財務状態を知りたければ、銀行のウェブページを見る。これをやるのに一番便利なのはブラウザーのタブであって、CPUを食うAjaxベースのウェブトップではない。ウェブトップにはウェブブラウザーも付いているのが笑える。

ウェブアプリケーションをAJAXウィンドウの中で重ねられても何の価値も生みださない。それに、プラットホームの価値というのは、その上に作られたアプリケーションの質や数で決まってくるもの。最高のシナリオでも、AjaxWindowsはインターネット上で最高のウェブアプリケーションを真似しなくてはならない。最悪のシナリオは、各アプリケーション用の複雑なAjaxラッパーになってしまうことだ。

オンラインビデオ提供: Veoh.com

[原文へ]