「プロシューマー」の台頭

次の記事

弁護士評価サイト、弁護士に訴えられる

この単語をこれから念頭に置くようにするとよいかも―「プロシューマー」だ。

「プロシューマー」というのはプロデューサー(生産者)とコンシューマー(消費者)をかけあわせた単語で、現在のWeb2.0革命の数百万の参加者を適切に表現している。

単語自体はそう新しいものではないが、これからの時代に必須の表現として定着していくのではないか。現在でもソニーはビデオカメラのユーザーのことをそう呼んでいる。

今週、Read/Write Webは Davide Casaleggio作のプロシューマーというコンセプトを強く印象付けるビデオを掲載した。そのビデオは下に掲載してあるが、プロシューマー以外にも「Googleが2050年に世界征服」とか「2020年にLawrence Lessigが司法長官に就任、著作権を違法と宣言」などのネタが載っている。このビデオを見てからなぜか「プロシューマー」という単語が頭にこびりついてしまった。これからの記事で何度も使うことになりそうだ。

[原文へ]