祝!TechCrunch日本語版一周年

次の記事

GoogleがZenter買収、ホクホク続きのY Combinator

techcrunch.gif
本日6月20日、TechCrunch日本語版が一周年を迎えました。

まだまだ力不足だとは思いますが、読者数も着々と増加しており、ここまでくることができたのも、毎日ご愛読いただく読者の皆様、そしてスポンサーの方々のおかげであると、編集部一同感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、読者のみなさん、スポンサーの方々に加え、TechCrunch日本語版(TCJ)の運営になくてはならない存在が、TCJスタート時からご協力いただいている4名の翻訳者です。雨の日も、風の日も、週末も、祝日も、怒涛のごとく更新される記事を、訳語へのこだわりと見事なチームワークで日々捌いております。

では、一周年を記念いたしまして、翻訳者さんからの祝辞のお言葉をいただきましたので
ご紹介を!

Nobuko Fujiedaさんより:

日本語版読者のみなさん、ご愛読いただいてありがとうございます。
スタート当初はウェブ関係がほとんどでしたが、最近は携帯電話関連などにも
話題が広がってきました。これからも、新しい分野に話題が広がりそうで楽し
みですね。TechCrunch愛読者の一人として、翻訳チームの一員として、
みなさんと一緒に楽しみながら、よりよいサイト作りを心がけたいと思っています。

satomiさんより:

祝・一周年!satomiです。え?わたしはギズモ(Gizmodoのこと)だろうって?
いやいや貧乏暇ナシとは良く言ったもので週日2時間だけ担当してるのでございます。
「祝ローンチ!」と騒いでた1年前には想像もしなかったことで毎日が勉強の連続ですけど、
すばらしい仲間と読者のみなさん、未知の可能性を秘めたチャンネルに恵まれたことに感謝して。

Nobさんより:

一周年おめでとうございます。「本家を読んでいたけど、やっぱり日本語がうれしい」
という声を何人かから聞いています。私にとっては、フリーになったその年に楽しい
お仕事をすることができて大変喜んでいます。これからも、ますますのご発展を祈念
いたします。

Namekawa,Uさんより:

本家の伸びは驚異的。現在購読者41万5千人。
マイク自身も予想してなかったと言ってますね。
私はというとTC翻訳で勉強した成果も生かしてひさびさに本を書きました。
(著者:滑川海彦「ソーシャル・ウェブ入門」技術評論社)
そんなわけでこの1年ほんとにあっという間でした。
次の1年でTC日本版、いよいよ飛躍か。
微力ながら努力してまいる所存でございます。m(..)m 

今後とも、変わらぬご支援とお付き合いをどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様からのコメントもお待ちしております。

TechCrunch日本語版編集部