YouTube、9ヶ国対象に専用バージョンをリリース

次の記事

Digg、コメント欄にて「本物の」スレッド形式を採用

本日(米国時間6/19)YouTubeは、9ヶ国を対象に各国専用バージョンをローンチする予定である。

YouTubeのローカルバージョンは、ブラジル、フランス、アイルランド、イタリア、日本、オランダ、ポーランド、スペインそれにUK版。そして、「youtube.fr」 や「youtube.jp」といった各国専用ドメインが割り振られている。

新サイトでは、翻訳済みのサイトコンテンツ、それに、将来的には各国独自に人気のあるコンテンツを提供する予定。

この新サイトは、全YouTubeユーザーに対してオプションとして提供されるが、各国のユーザーに対してはローカルバージョンに直接アクセスできるURLを提供しそちらの使用を薦めることとなる。

YouTubeの各国における番組パートナーはBBC、France 24、スペインのAntena 3、Cuatro TV、ポルトガルのRTP、オランダのVPROそれにNPO。また、多数のフットボール(サッカークラブ)そして、非営利団体など。

YouTubeが今回多言語バージョンを提供することで注目する点といえば、これまでに同様のサービスが提供されていなかったという事実である。今日にいたるまでYouTubeは一大現象を巻き起こすような成功をおさめてきた。そして、今回英語を利用しない人々をサービス対象に含めることで、さらに新たな成長の波がYouTubeに訪れるのは間違いない。また、これにより、オンデマンド・インターネット動画の先駆者としての地位をさらに固めたと言ってもよいだろう。

[原文へ]