dreamcrowd

夢共有サイトDreamcrowdで夢判断

次の記事

Subvert and Profitの次なる標的はStumbleUpon

dreamcrowd.jpgロサンジェルスのDreamcrowdは自分が見た夢を共有できるコミュニティー。ここに来てみんな自分が見た夢を分かち合ってくれたら、そうDreamcrowdは考えている。

Dreamcrowdでは自分が見た夢を、ブログやブックマークのサイトのノリで投稿すると、それを読んだ他のユーザーが夢の意味を査定し、 “dreamopedia(夢判断百科)”を引けば自分の夢を説明するキーワードをもとに自動的に夢判断が出てくるようになっている。例えば「kill (殺す)」という言葉を引くと出てくるのは、「殺人を夢みること。恐怖、スキャンダルを意味する」といった調子。

Dreamcrowdのコンセプトは誰もまだ手付かずの分野から来ている。それでもLifecasting(自分の暮らしの一部始終を生中継すること)の時代にあっては驚くことでもないだろう。起きてる間の出来事をウェブに逐一ストリーミング配信するだけじゃまだ甘い、これからは寝てる時間のこともシェアできるんだから、ということか。他の人の夢を読むのはちょっと気味悪い面もあるんだが。それにしても世の中こうも、のぞき見が当たり前になってしまっては安全なものなどないのでは?とさえ思えてしまう。反面、自分の見た夢判断を誰かに頼みたくてしょうがないんだけども、1時間300ドル払ってアポ取るのは避けたい、そんな経験のある人にとってこのDreamcrowdはフィットしそうだ。

まあ、遠からずこんな相談が出てきそうだが。
「夜な夜な自分のスタートアップがGoogleに買収される夢を見るんだ」。夢判断ではどう出る?

dreamcrowd1.png

[原文へ ]