Google、ドイツのGMailを閉鎖か?

次の記事

Last.fm、National Day Of Silenceに参加せず

googlegerman.jpgドイツの議会を通過した新しい法律のために、GoogleはドイツでのGmailサービスの提供を中止するかもしれない。この法律によると、ドイツにおいてGoogleはすべてのGmailユーザーの身元情報を確認しなければならない。

Google Blogscopedは「この法律がGoogleに与える影響はまだはっきり分からない。しかしGoogleはドイツに居住するすべてのGmailユーザーの住所を把握し、確認することを求められるかもしれない」と述べている

GoogleのPeter Fleischerは「この法律は匿名でメールアカウントを提供していくというGoogleのポリシーに反するものだ。世界中のユーザーはスパムや政府による言論弾圧から自衛するため匿名性が利用できなければならない。もしウェブユーザーのコミュニティーが、Googleがユーザーのプラバシーに関わるデータを細心の注意をもって扱っていると信じてくれなくなるようだったら、われわれはすぐにやって行けなくなる」と述べている。

EUがプライバシー保護の旗手をもって任じているにも関わらず、ドイツでこういった法律ができるとは皮肉なことだ。ドイツ人の読者がコメント欄でさらに詳しい背景を説明してくれるかもしれない。

[原文へ]