CastTV
Aggregate-Knowledge
adaptv
AdaptiveBlue

「Supernova 2007」の「Connected Innovators」セッションに登場する企業の紹介

次の記事

企業向け「Meebo Rooms」のローンチに大物が参加

サンフランシスコのSt. Francis Hotelで開かれる「Supernova 2007」カンファレンスの「Connected Innovators」のセッションには12社の若いスタートアップ(いや実は、聴衆に緊張感をもってもらうためにでっち上げた架空の1社が交えてあった)が招かれている。紹介と評価を行なうパネルはKevinWerbachとMichael Arrington、それにJosh Kopelman、Julia Hanna Farris、Paul Kedroskyが加わる。その13社は以下のとおり。

logo_adaptv.gif
adap.tv
logo_adaptiveblue.gif
AdaptiveBlue
logo_aggregateknowledge.gif
Aggregate
Knowledge

CastTV
logo_criticalmetrics.gif
Critical Metrics
logo_jangl.gif
Jangl
logo_pando.gif
Pando Networks
logo_sodahead.gif
SodaHead
logo_spock.gif
Spock
logo_wize.gif
Wize
logo_zapmeals.gif
ZapMeals
logo_zenzui.gif
ZenZui
logo_zing.gif
Zing

Adap.tv – これはAdSenseのビデオ版だ。ビデオの内容に応じて、それに連動するテキスト広告を挿入する。ビデオが再生されるとAdap.tvはそれに関連あるAmazonの商品の広告とLooksmart広告を画面下部の広告バー領域に表示する。表示のタイミングもビデオの内容に連動する。ビデオの内容を判断するには、タグその他のメタデータに加えて音声認識技術を利用して音声をテキストに変換した結果も参照する。

AdaptiveBlue – これはFirefox用のブックマークとタグづけ用アドオン、Blue Organizerの提供者だ。閲覧しているウェブページを解析して適切な関連情報を自動的に生成してくれる。たとえば、ユーザーがあるバンドについてのページを見ているとすると、BlueOrganizerの右クリックメニューにはOdeoやWikipediaのようなサイトからの関連情報が表示される。このプラグインには DiggやLibraryThingにそのページを投稿するためのスマートリンク機能もある。最近追加された機能などさらに詳しい情報はここに

Aggregate Knowledge – これは他のスタートアップに比べれば実績が長いほうだ。オンラインのeコマースサービスと連動して、ユーザーの全体としての行動パターンをモニタして、カスタマイズされた商品推薦を行なう。最近大型の資金調達ラウンドをクローズしたところで、ローンチ後約1年を迎えるが、黒字化寸前という噂が出ている。

CastTV – ビデオに付属するメタデータ、そのビデオが掲載されているページの内容、さらにビデオへリンクしているページの内容を総合してビデオの内容を推定する検索エンジン。われわれが以前テストした結果は良好だった。最近Draper Fisher Jurvetsonから$3.1M(310万ドル)を調達している。

Critical Metrics – ウェブ全般から楽曲のレビューを収集、その結果をベースに音楽の推薦(レコメンデーション)を提供するサービス。推薦される楽曲にはそれぞれオーディオと可能ならYouTubeからのサンプル、またYahooMusici、Tunes、 Rhapsodyなどの購入サービスへのリンクが含まれる。

Jangl – お互いに本当の電話番号を知らせずに電話でコミュニケーションができるサービス。電話を受けたいユーザーはJanglに登録して専用電話番号をもらう。相手はその番号に電話して簡単に自己紹介のボイスメッセージを残す。受け手がそれを聞いて通話を承認すれば、以後直通で会話ができる。受け手は特定の相手をいつでも拒否することができる。最近Jangleではユーザーに対してボイスメールが利用できるメールアドレス提供するサービスをローンチした。相手側はボイスメールでメッセージを残すと掛けなおすための電話番号が与えられる。通話はVOIPによるブリッジ方式のため、国際電話などの長距離電話も可能で、かつ通話料金も経済的。

Pando Networks – デスクトップのP2Pファイル共有サービス。PandoはBittorrentがベースとしているが、専用サーバでバッファリングを行なうことによって転送の高速化を図っている。Supernovaでは「PandoPublishing Platform」が発表されている。これによってウェブサイトの運営者は経済的なP2P方式でビデオなどを配信することができる。このプラットフォームはP2P方式を利用してビデオのストリーミング配信ができるCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)だ。P2Pストリーミングは、ダウンロードの完了を長時間待つ必要がなく、配信された部分から順次再生することができる。このP2PベースのCDNは通常のCDNサーバーをBittorrentネットワークのスーパーノードとして利用することによって帯域を節約し、かつメインサーバとユーザーのコンピュータの間の負荷のバランスを図る。PandoはすでにNextNewNetworks、Blip.tv、Reverといったコンテンツ配信サービスと提携している。

SodaHead – 友人やSodaHeadに登録している専門家、あるいは誰に対してでもアンケートができるサービス。アンケートはエンベッド可能なウィジェットで、SodaHeadサイト上でもそのコードを貼りこんだサイト上でもアンケートに答えることができる。アンケートの選択肢がどれも適当でないと考えた場合などに、回答者はコメントを残すことができる。

Spock – 人物専門の検索エンジン。対象の人物に関連する情報のリンクを自動的に収集、蓄積する。またコンタクト情報の管理も提供する。

Wize – 専門家および一般ユーザーによる製品レビューをインターネット全体から収集し、独自のアルゴリズムによって1点から100点までのWizeRankを生成する。今年に入って$4M(400万ドル)のベンチャー資金を調達している。他のレビュー・サービスについてのわれわれの記事はここに

ZapMeals – このスタートアップが「Connected Innovators」にちょっとしたお祭り騒ぎを加えるためのジョークと判明した。Zapmealsは地域の手作り料理や仕出し屋の料理を腹ペコなユーザーに速攻で配達する、という触れ込みだった。登録メンバーの格付けで料理を選ぶと契約クーリエがただちに家まで出前してくれる、はずだったのだが。

ZenZui – 携帯電話のブラウザでウェブを利用する新しい方法を提案している。Zenzuiは格子状に配列したアイコンにサイトやサービスを登録することで携帯電話の狭い画面をより有効に使おうとする。グリッドに36個のアイコンが配置でき、数字キーからそれぞれのサービスにすばやくアクセスし、詳しい表示に切り替えることができる。われわれもローンチの時点で紹介している

Zing – これはモバイル音楽プレイヤーをWiFi経由で音楽ライブラリーに接続するサービス。現在SanDiskのデバイスをYahoo MusicPandoraに接続している。
このイベントに関してSNSのWink上にグループが結成されている。

これら12社は130以上の応募者の間から精選された気鋭のスタートアップだ。2006年に「Connected Innovators」に選定されたスタートアップの中からはStumbleUponがすでに大きな成功を収め、最近eBayに買収されている。われわれは今年の「Connected Innovators」の中からも続々とサクセス・ストーリーが生まれるものと大きな期待をよせている。

Disclosure: これらの会社は130以上もの応募者の中から選出されたのだが、参加するには参加費を払う必要がある。本カンファレンスのパートナーとして、TechCrunchは参加費の一部を受け取る。

[原文へ]