Google Answersがロシアで黄泉がえり

次の記事

iTaggit―お宝管理サービス

googleqalogo.pngGoogle Answersといえば、YahooとのQ&A戦争に敗れたGoogleが2006年11月に店閉まいしたことで有名だが、いまロシアの地でよみ返った。

Google Questions and Answers (ロシア語では「Вопросы и ответы」)は、「面白くて難しい質問」をすると、誰かが答えてくれるサービス。ユーザーは回答の質のレベルに応じてポイントが貯まっていき、徐々にある分野のエキスパートになっていく。Alex
Moskalyuk
によると、新しいユーザーは100ポイントもらえ、これを使って質問できる。質問の料金は10、20、30、50、80、100ポイントのいずれか。ログインするだけで1日5ポイントもらえ、質問に回答すると一律2ポイントで、良いと思った回答を評価すると1ポイントかかる。一番良かった回答者が、質問者が出したポイントを全部もらえるので、高価なポイントのついた質問に早く答える動機付けになる。このポイントがを購入したり、現金化できるのかどうかはサイトやGoogle Russiaブログのアナウンス記事の翻訳を読んだ限りではわからない。

Google Russiaチームは、「このサービスをローンチした」初めての国がロシアだったことを特に喜んでいて、これはGoogleがいずれ他の国や、全世界にも新しいGoogle Answersを進出させるかもしない、という予兆といえそうだ。

Google AnswersはオンラインQ&A市場のイノベーターだったが、エキスパートが報酬をもらって答えるというモデルは、無料でオープンのAnswer.comとYahoo Answersをはじめとする競合たちの前に惨敗した。新しいGoogle Answersは今も同じ競争に曝されている。Googleも今度は戦えるだけのサービスを何か計画しているに違いない。ロシアバージョンを見ただけでは、いったいどんな隠し玉がGoogleにあるのかはよくわからないが、同じ失敗を繰り返すことだけはないだろう。Yahooが心配するにはまだ早いが、近々またQ&Aのスペースが面白いことになりそうだ。

googleqa.png

[原文へ]