Yahoo、Smart Adsをローンチ

次の記事

NetSuite、IPO申請

yahoosearchmarketing_logo.jpgYahooが、ターゲット視聴者を高度に絞り込んだ目的別ディスプレイ広告の提供を実現する新広告プラットフォーム「Yahoo Smart Ads」のローンチを発表した

この新サービスではクリエイティブな広告キャンペーンの要素およびサービスを、ウェブ閲覧者の年齢・性別・現在地・オンラインの活動に合わせて高度にカスタマイズし、連動型ディスプレイ広告に自動的に変換してくれる。

Yahooは新サービスの具体例として以下のようなケースを紹介している。

「例えばYahoo! Autosでハイブリッドカーを閲覧中のユーザーが、Yahoo! Weatherではデフォルトの現在地としてサンフランシスコを選んでいたとします。するとYahooのSmartAdsプラットフォームでは大手自動車 ブランドから出ているハイブリッド車を展示するディスプレイ広告をリアルタイムで組んで提供し、さらに地元カーディーラーの情報と現リースレートなど、 ユーザーのみなさんが気になるエクスペリエンスをお届け。広告主のみなさんにも顧客になりそうなユーザーの方たちにリーチできる環境を提供します」

Yahoo Smart Adsはコンテクスト連動型広告の配信をさらに一歩進めたサービスだ。この新サービスによって新たなビジネスがYahooにもたらされるだろう。ただし、 ターゲット絞込みを改善しただけではマーケットのリーダーにはなれない。これはコンテクスト連動型広告のジグソーパズルのほんの一部に過ぎないし、 Googleの鍵を握るセールスポイントは依然としてスコープにある。つまりGoogleの在庫が優位にある限りGoogleはこの業界のリーダーであり続けるだろう。もっともYahoo Smart Adsはこの業界にさらなるイノベーションを喚起するサービスだし、これに対抗してGoogleも似たようなサービスを始めるだろう。とすれば結局は全広告主にとって朗報ではないだろうか。

Yahooの検索マーケティングに関する過去エントリはこちら

[原文へ]