Diggデータ改善のための一つの手段

次の記事

「MobilePet myPhone」、iPhone用のバーチャルペット

Richard MacManusは、Diggについて「作成されたリンクの質が低く、ストーリーが公正に伝えられていない」という不満を述べている。リンクがいったんDiggに投稿されると、投稿者を含め誰も、リンクを編集したり、改善できないようになっている。

このような事態は、ただ単純に気にせず投稿されたか、あるいは誰よりも早く投稿したいと焦ることから起こる。また、ある時は、Digg上で特定のストーリー(リンク)を効率的にブロックするというような悪意が原因ということもあるだろう。どちらのケースにせよ、Diggユーザーにとってはわずらわしい問題で、きちんと問題提起されるべきものだ。Diggのデータがまったく無意味なものになってしまうことがあまりにも多すぎる。

Richardは、「ユーザーの一部あるいは全員にリンクを編集する権限を与えるべき」と提案している。彼は、「編集者として協力してくれる人たちに呼び掛けを行いたいが、ストーリーをピックアップするためではない。むしろ、既存のストーリーをより正確にするため整理をしてくれる人たちを求めたい」と言う。

私はこのアイディアをとても好ましく思っている。そして、同様のことを実現しているいくつかのスタートアップ企業も目にしてきた。例えば、我々が先月取り上げたThoofなど。Thoofでは、ユーザーはウィキのような方法でどのストーリーでも変更可能。それから、コミュニティによって変更を支持するかどうかについて投票を行う。

パワーユーザーを編集者とするか、編集者を雇い入れる、あるいはコミュニティ全体を編集者にするにしても、人びとが、役に立たないデータをDiggに投稿しないようにするため何らかの対策が必要とされている。Richard、グッドアイディアだ。

[原文へ]