ニュース

Chess.com―何のためのソーシャルネットワークサイトかは―たぶん想像がつくだろう

次の記事

Hey!Spread―マルチポイント型ビデオアップロードサービス

chess.pngニッチ向けソーシャルネットワーク週間の最後に紹介するのは、チェスのポータルChess.comが提供するソーシャルネットワークだ。

Chess.comは、世界のチェスプレーヤーのための主要ソーシャルネットワークの座を目指している。Chess.comの狙いは、あらゆるレベルのチェスプレーヤーが練習や情報提供、対局、制作、チャット、共有などを行える場を提供すること。

Chess.comには、標準的な機能として、プロファイル、ブログ、友人、イベント、ビデオ共有やメールなどが備えられている。ソーシャルネットワークがローンチしたのが6月で、現在メンバー数1万人になろうというところだ。

ニッチのユーザーを呼ぶのに美的である必要はない(あれば良いことも確かだが)。最終的にはコンテンツとコミュニティが成否を決める。Chess.comのメンバーの中にはChris PirilloがBrad Pittのように見えるか人もいるらしい、というのはともかく、このサイトには何か魅力があるし、URLだけでも$1M(100万ドル)の価値はある。チェスの愛好家ならChess.comに行ってみて損はない。

chess1.png

[原文へ]