ニュース
Gizmoz

Gizmoz、メインストリームに登場―MTV Music AwardsでTaco BellのCMを流す

次の記事

Steorn、公にからかわれる

イスラエルのスタートアップGizmozでは、他のサイトにエンベッドできるユーザー自身のリアルな3Dアニメのアバターを作るサービスを提供している。このGizmozが9月の「MTV MusicAwards」でメインストリームメディアからちょっとした脚光を浴びることになりそうだ。

月曜日にMTV、Taco Bell、Gizmozは共同で新しいウェブサイトによるプロモーションの発表を行なう。ユーザーはtacobell.gizmoz.com で、自分のアバターを使った15秒の「オーディション」クリップを作る。内容はなんでも好きなとおりでよい。Taco Bellは3人の優秀作を選び、このGizmozのテクノロジーを利用した30秒のスポットを制作して9月の「MTVMusic Awards」で流す予定。このサイトはすでに公開されているが、コンテンツは月曜日にいったんすべてクリアされてしまう。(だからそれまでオーディション・クリップづくりは待つこと)。

ユーザーが投稿したすべてのオーディション・クリップは公開され、訪問者は評価を投票することができる。 3人の入賞者には賞金が支払われる他、Taco Bellの食品1年分がプレゼントされる(1度にくれるのでないといいが)。

Gizmozはよくできた、面白いウィジェットのプラットフォームだ。そのうちMySpacersにGizmozoを利用したプロフィールがたくさん登場することになりそうだ。こういった形でのメディアへの露出はスタートアップにとって願ってもないことだし、その上、われわれの聞いたところでは、TacoBellは実際、Gizomozに金を払ってくれているという―その逆ではない、そうだ。

[原文へ]