ニュース
stickam

Stickam―ポルノ業者の運営するサービスを子供に使わせたいだろうか?

次の記事

Streamy―DiggプラスIMプラスNetvibes的カスタマイズ・ニュースがもう一つ

子供をもつ両親の最悪の悪夢が現実のものとなっている。 New York Timesの記事によると、人気のあるウェブカムのライブ・ストリーミング・サービスのStickamはポルノ業者が所有しているという。

記事によると、Stickamの親会社Advanced Video Communicationsはワタル・タハカシという日本人実業家が所有しており、彼はまたDTI Servicesというウェブカメラを利用したライブ・セックスショーを提供する大規模なウェブ上のネットワークを運営している。記事はまたStickamの元副社長AlexBeckerの証言を引用して、Stickamはオフィスも従業員もコンピュータ・システムもポルノネットワークサイトと共有していると報じている。

もちろんポルノグラフィーという産業それ自身にはなんら問題はない。しかし60万のユーザーのうち多くが18歳以下であるようなサービスを同時に運営しているとなると、倫理的、道徳的な疑問が生じざるを得ない。Stickamがポルノ企業によって所有されているだけでなく、ポルノサービスと同じオフィスで同じチームによって運営されていると知ったら、自分の子供に利用させようという気になるだろうか?

[原文へ]