helio
ampd

Amp’d終了。Helio急上昇

次の記事

Web 1.0サクセスストーリー―HPがOpswareを$1.6Bで買収

今どきバーチャルモバイル業者(MVNO)がニュースになるのは廃業した時くらいのようだ。野心あふれるモバイル業者Amp’dが7月24日に停止する。いや、もっと正確には、「米国内事業を7月24日に閉鎖する可能性がある」だ。TechCrunchだって7月24日に米国内事業を停止する可能性はあるが、そんなことはよほど確証がなければ発表しないものだ。この会社は破綻していたが、閉鎖に追い込まれるかどうかはこれまでわかっていなかった。

一方、ライバルのHelioはAmp’dと同じ頃に市場に参入したのだが、こちらは急上昇を続けている。先週の発表によると、顧客数は10万に達し、ARPU(ユーザー当たり平均収入)は$100を超えているという。これは、モバイルのスタートアップの平均を大きく上回るものだ。

Helioの成功を主として支えているのは、キラーといわれるデュアルスライダー電話(*1)Oceanだ。実際私もiPhoneのかわりにOceanを使おうかと思ったほどだ。キーボードもインスタントメッセージもすばらしいのだが、Macとシンクロしてくれない。

(*1) テンキーとフルキーを2方向に引き出せる電話機

[原文へ]