ニュース

Grockitが資金を調達、「大規模多人数オンライン学習」準備中

次の記事

自分のソーシャルネットワークを作る9つの道

Grockitlogo.jpgサンフランシスコ拠点のGrockitについて最後に書いた2006年の終わり頃、この会社はまだ資金を調達する前だった。GrockitによるWebex上での低価格GMAT(*1)予備校というビジネスアイディアは、はじまったばかりだった。
[訳注 *1] MBAプログラムへの進学希望者を対象とした試験

その後、先月完了したシリーズAラウンドで、計$2.7M(270万ドル。Benchmarkから$2.3M[230万ドル]、Mark Pincus、Rob Lord、Reid Hoffman、Thomas Ryanらの投資家から$400K[40万ドル])を調達。そして、全面的にビジネスモデル変えようとしている。

Webex経由で「1対多」のクラスを持つのをやめ、ゼロから新サービスを作りはじめた。ファウンダーのFarbood NiviはこれをMMOL、即ちMassive Multiplayer Onlie Learning(大規模多人数オンライン学習。MMOGに掛けている)と呼んでいる。Farboodは、研究によると人は教師と学生という環境ではなく、お互い同志から学びとるものだという。それが本当であることを、共同設立者で技術者であるMichael Buffington(Price.com、MeasureMap、Stikkit) とともに証明しようとしている。それ以上のことは、一切公表されていない。

[原文へ]