秘密主義Twitterの資金調達についての情報

次の記事

Validasがケータイ請求の明細を教えてくれる

twitter.pngTwitterが先週、資金調達の新ラウンドについて発表した時、彼らはほとんどの投資家-Union Square Ventures、Charles River Ventures、Marc Andreessen、Dick Costolo、Ron Conway、Naval Ravikantを含むAリストの連中-の名を挙げたが、通例とはいえ調達金額については言及しなかった。われわれが嗅ぎ回った結果、この会社が新しい投資家とスペシャルミーティングを開催し、金額について開示しないように要請していたことが分かった。聞くところによると、このラウンドは小規模(100~500万ドル)だが、率直に言って、それも低いほうの金額だろうと踏んでいる。

ほかのスタートアップ企業、有名なところではTechnoratiなども、ベンチャーラウンドについては口外しないようにしてきた。しかし、ファンドに出資する限られた数パートナーのほとんどが、SECに情報開示しなければならないため、結局はリークすることになる。Twitterに関しては、それがまだ起きていないが、数は漏れ出している。われわれに言いうることは、この会社は$5 m(500万ドル)のラウンドで募集し、Pre-Money Valuationは$20 m(2,000万ドル)だということだ。

[原文へ]