ニュース
tangler

Tanglerの掲示板はいろんなサイトに埋め込める

次の記事

Facebookがダウン

オーストラリアのスタートアップTanglerが、ページ更新ボタンを押さなくてもリアルタイムでスレッドが自動更新できる次世代フォーラム用プロダクトを作った。同期・非同期の両対応ということなので、フォーラム専用の既存アプリもMeebo(ウェブベースのチャット)もどっちもライバルだ。しかも、ユーザーは掲示板にリッチメディアを簡単に埋め込むこともできる。

このTanglerについては、開発が本格化した2006年2月に初めて紹介したが、この半年はベータの提携各社と水面下で事業を進めていたようだ。最近ようやく一般の人にも門戸を開放し誰でも新フォーラムが開設可能になった。先週ちょうどTanglerフォーラム第1000号誕生の節目を迎えたところ。

Tanglerのフォーラムは中央集権型でないのが特長で、その掲示板やフォーラムはサードパーティーのいろんなサイトに簡単に埋め込んで使え、フォーラムのディスカッションは全て同時進行する。埋め込んだフォーラムのサンプルが見たい人はこちら。Tanglerを自社フォーラム機能に採用したスタートアップ企業例としてはWeewarParticlsOmnidriveなどがあるよ。

Meebo Roomsについて書いた最近のエントリも参考にされるといい。ウェブのチャットとフォーラムが同じひとつのエンドプロダクト目指して衝突しているところが、大変おもしろい。

[原文へ]