TCのインターンが選んだお気に入りFacebookアプリのトップ10

次の記事

iTunesのソーシャル・レコメンデーション、Scoutaが開始

最近、プラットフォームとして大きく強化されたFacebookについてテクノロジー・ブログ界の大御所が「本当に評判ほどの効果があるのか」とあれやこれやと論じてる。そこでぼくら末端のTechCrunch研修生(インターン)も、お気に入りのFacebookアプリケーションをリストにまとめて、サードパーティーのアプリケーションが本当にわれわれのソーシャルネットワーク生活を改善したのか、検証してみようと思う。

ぼくは20代の前半に、FacebookがMySpaceと違ってほぼ大学生専用のサービスだった時代に使い始めた。当時Facebookの魅力は機能がシンプルでいちいち使い方に頭をひねらなくてはならないような付加機能が最小だったのが魅力だった。そういう意味で最近になってFacebookを使い始めたユーザーに比べて、ぼくらはFacebookの増大しつつある諸機能を判断するのに(少なくともある点では)良い位置にいるといっていいだろう。

以下のアプリケーションのリストは、もちろん、Facebookプラットフォームにおける成功例のいくつかを紹介するものだが、同時に、FacebookがプラットフォームをオープンにしたことによってFacebook自身にもたらされた利益も考えてみたい。率直に言ってわれわれはこの10個のアプリケーションを選ぶのに相当苦労した。トップ10リストを埋めるのに、苦労した訳はアプリケーションがたくさんありすぎて困ったのではない。実はその反対で、Facebookの2,300以上ともいわれるアプリケーションの大部分は単なる思い付きに過ぎず、わざわざインストールする手間に値しないように思われた。このリストを作ってみて、Facebookがアプリケーション開発のためのプラットフォームとして、ここにある遠大なビジョンのような役割を果たすようになるのはずっと先のことだろうと思った。

サードパーティーのアプリケーションに失望した理由として、プラットフォーム自身がよくないのか、デベロパー側に責任があるのかははっきりわからない。単にまだ新しいからエキサイティングなアプリケーションが開発されていないだけかもしれない。いずれにしても、デベロパーはわれわれのチョイス(やFacebookのサイトで発表されている人気アプリのリスト)を見て、これらを打ち負かすようなアプリを開発するヒントにしてもらいたい。願わくは、われわれの日常生活に大きな影響を与えるアプリが1年ほどして続々登場し、ベスト10が作れるくらいになっているといいと思う。

#1: iLike

iLikeを利用するとプロフィールページに音楽を追加したり、お気に入りのバンドのコンサート情報を検索したりできる(言うまでもなく、ほかに誰が行くのかを見ることもできるが)。ボーナス:好みのmp3ファイルが無料でもらえる。またMusic Challengeで友達と遊ぶこともできる。

#2: Graffiti

Graffitiを使うと、友達のプロフィールページに書き込みができる。

#3: Where I’ve Been

非常に詳しく、対話的に利用できる世界地図。 自分がどこにいたのか、住んでいた場所や行ったことがある場所、これから行きたい場所をFacebookのユーザーすべてに公開することができる。すべてのアメリカの州の詳しいデータがあり、自由にズームもできる。地図を利用するのに新たにサードーパーティーのサービスにサイン・インする必要がなくきわめて便利。

#4: Zoho Online Office

これは説明するまでもないだろう。Zohoのオンライン・オフィス・アプリケーションだ。

#5: Fantasy Stock Exchange

バーチャル・ヘッジ・ファンドのマネージャーとなって株式投資を始めよう。当初の資金は5千万ドルだ!  FSXの目的は投資で楽しく遊ぶこと。さあ、取引開始だ!

#6: Dustin Mierauの「Flickr Photos」

「“Flickr Photos」はFlickrのすばらしい写真ライブラリーをFacebookの世界に持ち込んだ。友達の写真を見ることもできるし、自分の写真をアップロードして友達と共有することもできる。

7: Honesty Box

「Honesty Box」を利用するとFacebookユーザーは完全に匿名でメッセージのやりとりができる。これで友達から本音が聞ける。

#8: Box.net Files

音楽、文書、写真、その他のファイルをプロフィールページにアップロードできる。無料だし使いやすい

< H2>#9: Superpoke!

Facebookの標準の「poke」機能を拡張して、「つねる」、「ハグする」、「威張る」、「羊を投げる」などのアクション・メッセージを友達のプロフィールページに送ることができる。

#10: The Friend Match

ユーザー同士お互いに相手を別の友達と組み合わせてカップルにして、うまくいくかどうか考えて遊ぶ。

ボーナス: TechCrunch

図々しいのは分かってるけど、いちおう。
このアプリケーションはTechCrunchの最新記事の見出しをプロフィールページに直接表示する。TechCrunchはウェブの世界を再定義し、変化させるような企業やサービス、イベントをタイムリーに紹介している。

[原文へ]