NoFoodHere―リアルタイムで結果がロードされる検索エンジン

次の記事

Facebookの広告にキャンセル相次ぐ―氷山の一角か?

nfh.jpgNoFoodHere はタブを利用した柔軟なWeb検索エンジンで、検索結果がリアルタイムでそれぞれのタブにストリーム表示される。

NoFoodHereは検索結果そのものに手を加えることはせず(現在はYahoo検索の結果を利用しているが、Google検索の利用を考慮中)、検索エンジンに新しいユーザーインタフェースを提供するもの。

タブ・ブラウズ機能は複数の検索をブラウザの同一ウィンドウで行なえる機能で、別段革命的なものではないが、なかなか便利ではある。NoFoodHereが面白いのは検索結果の表示方法そのものだ。NoFoodHereでは、検索結果を見るために次々にページを繰っていく必要がない。この検索エンジンは最初から大量の検索結果を自動的にロードしており、ユーザーが下へスクロールしていくにつれて、リアルタイムでさらに多くの検索結果がロードされていく。ユーザーは何千、あるいは望むならそれ以上の数の検索結果をいちいち「次ページ」をクリックせずに閲覧することができる。この機能はたいへん安定して作動する。私がテストしてみたところでは、スクロールダウンに連れて検索結果を追加していく動作ではGoogleReaderより信頼性が高かった。

NoFoodHereはオーストラリアのビクトリア州Frankston在住でUniversity of Melbourneの工学部の3年生、JordanBayliss-McCullochの制作によるもの。

nfh.png

[原文へ]