AOL、NetscapeのDiggクローンを閉鎖か

次の記事

Nokiaが、Moshプライベートベータのアクセスコードを公開

AOLが1年ほど前にNetscape.comでスタートした「Diggクローン」の新ソーシャルニュースサイトを閉鎖して、Netscapeポータルにトラフィックを誘導しようと考えている。ある筋によると、もう話はついているらしい。別の筋からは、金銭面がまだ決着していないとも聞いている。しかし、Netscapeの編集チームは完全におかしくなってしまったという噂で、外部に漏らし始めているらしい。いずれにしても、右にある画面イメージをよく見ておいてほしい。これがこのサービスを目にする最後のチャンスかもしれないから。

このサイトがどうして捨てられたり変えられたりするのかはわからない。Netscape.comとnetscape.aol.comはAOLの別グループの管理下にある。少なくとも何かしらの縄張り争いが関係しているのだろう。また、Netscapeの大物Jason Calacanisが去年の終りに会社を辞めて新しい会社を起こしているので、ソーシャルニュース部門を守るだけの力がなくなっていたのかもしれない。

Netscape.comのこの発表文を読むと、従来型のポータルやニュースの機能がサイトに入るようだ。これを最終決定のためのテストだろうと言う人もいる。

Netscapeコミュニティに今週、新しいAOL.comサイトがスタートしました。以前のNetscape.comのサイトからなくなった機能について、これまで多くのご意見をいただいてきましたが、新しいサイトで以前の機能を一部でも再現できればと考えております。どうぞお試しください。

アップデート: AOLの広報担当者が慎重にコメントを書いてくれた。

AOLとNetscapeにとってコミュニティはスタート以来中核をなすものであり、今後もそれは変わりません。サイトに書いてあるとおり、弊社は希望するNetscapeユーザーのために、従来型に近い形のポータルを提供することにいたしました。ソーシャルニュースは今後も弊社にとって重要な部分であることに変わりはありません。

この文章は肝心なことに触れていない。内容がカラッポだと言ってもいい。「AOLとNetscapeにとってコミュニティはスタート以来中核をなすものであり」と言って、「ソーシャルニュースは今後も弊社にとって重要な部分であることに変わりはありません。」と来る。これはここで言っているnetscape.comが閉鎖されることとはまるで違う。はっきりさせてほしい。現在のNetscape.comサイトを運営しているTom Drapeauのこのコメントも読んでほしい。この男も間違いなくこの記事を迷惑がっている。

[原文へ]