Facebookが、データフィードをオープン化

次の記事

Netflix、ソーシャルネットワーキング機能をひっそり公開

Dave Winerが、Facebookからリリースされつつある新機能をフォローしている。この機能は、Facebookがユーザーデータやニュースを完全にクローズド格納場所の構築に力を入れているという説をくつがえすものだ。

Facebookのニュースフィードは、昨年スタートして以来大きな議論を呼んだが、すばらしい一手であったことは間違いない。友達の考えていることについてのデータを絶えず流してくれ、新しいミームをFacebookを通じてものすごいスピードで広げてくれるものだ。

ただし、その情報はすべてFacebookに密着していて、ログインして自分のページを見るより他にアクセスする手だてはなかった。それが今、FacebookがこのニュースフィードをRSSフィードするようになった。

フィードされるのは、友達の最新状況、友達が書いた記事、それと任意のユーザーの通知だ。

これを使うとFacebookユーザー(実際には誰でも)は友達の様子を、実際サイトに行くことなく追跡することができる。Facebookからはまだこのことに関してアナウンスがないので、他に何が出てくるのかはわからない。しかしRSSを取り込むことによって、Facebookのことをクローズされたデータ置き場にすぎないと思っていた人たちを仲間に引き込めるに違いない。Winerがその1人目になりそうだ。

[原文へ]