TwitKuなら、TwitterとJaikuがひとつのインターフェイスで楽しめる

次の記事

GoogleパックでSun「StarOffice」の信頼性は上がる

TwitKuは、〔つぶやきを発信することでユーザー同士のプレゼンスや近況を確認しあうミニブログを意味する〕“プレゼンス・ブログ”のTwitterJaikuMeebo(ウェブのIM)風サービスに対応させた新サイト。

TwitterとJaikuのアカウントをひとつのスクリーンに呼び出して、投稿専用インターフェイスを追加することができる。これを通すと片方あるいは両方選んで投稿が可能だ。両サービスをまるで信者のように使いこなしている人たちのメリットは明白で、シンプルだし、使えるサービスと言えそうだ。

TwitterもJaikuもAPIは公開しているから、こういったことが可能なのだ(少なくとも管理できる)。Pownceのようなクローンや類似のサービス、先日開設したYappdもAPIはないので、こうした他サービスについてはAPIが公開になり次第、TwitKuが即追加の予定という。全サービス使いたい、でも時間のロスはいや、そんな人には救いだろう。

TwitterとJaikuはどちらもプレゼンス確保と友だちの近況アップデートがすべてのサービスなので、それを考えるとFacebookのステータスなんかも今すぐ加えてならない理由はないと思うのだが

[原文へ]