Zoho、オフラインへ(といっても良い意味で)

次の記事

Vlingoで携帯用音声認識アプリケーションの開発が容易になる

オンラインオフィススイートのZohoは、 Zoho Writer用にオフライン機能を今朝(米国時間8/21)スタート。同社のオフィススイートのその他アプリにもオフライン機能を今後提供開始する予定。

オフライン機能はGoogle Gearsを利用して構築。Google Gearsは、Googleが2007年5月に始めたオープンソースプロジェクトだ。オフライン機能を利用するにはブラウザープラグインのインストールが必要。インストール完了後、「Go Offline」というオプションがナビゲーションバーに表示される。同機能は、Internet Explorer v.6以降、そしてFirefox(マックを含む) v1.5以降に対応。

現時点では、読み取り専用機能をオフラインで提供。書き込み専用機能は3〜4週間以内にリリース予定だ、と同社は言う。また、今後数週間内に同社の表計算、プレゼンテーション、その他のアプリケーションにもオフライン機能を提供し始める予定。

Googleがオフライン機能を提供し始めるより早く、Google Docs & Spreadsheetsと真っ向から競合するZohoが同機能の提供にこぎ着けた。ZohoがGoogleのソフトウェアを利用している事実を考えると、何となく皮肉な話にも思える。

Zohoのオフライン機能概要は、以下の動画をどうぞ。

[原文へ]