インターネットは面白くない、もう終りなのか

次の記事

近所の性犯罪者が一目瞭然

Mark Cubanが金曜の記事で、インターネットを「面白くない、もう終りだ」と書いている。

Cubanの言い分はこうだ、

「認めたくない人もいるだろうが、インターネットは今やまるで公共事業だ。進歩は止まった。今みんながインターネットでやっていることは、5年前と変わりがない。Web 2.0こそが、インターネットが進化をやめて、プラットホームとして安定したことを証明するものだ。変化し続けるプラットホーム上にアプリケーションを作るのは、非常に困難。そういう環境ではすぐに何かが動かなくなる。インターネット 1.0は安定した開発環境だったとはとてもいえなかった。今のインターネットは安定している。だから面白くない(ブラウザーとスクリプトの違いはあるが、簡単に解決できる)」。

さらにこう続ける、「インターネットから爆発的にすごいアイディアが生まれる時代は終った。家庭のバンド幅が今の大半のブロードバンドユーザーを超えるまで、インターネットは死んだままだ」。

Wall Street Journalの「LOLcat」現象の解説記事がTechmemeのトップ記事になり、古い物は新しく感じられ、インターネットが多少なりともつまらなくなっている、という話を擁護するという議論があってもよいだろう。最後に決めるのは読者だ。Mark Cubanの記事の全文はここで読めるので、どう思うか下のアンケートで答えてほしい。

{democracy:9}

(画像提供: I Can Has Cheezburger

[原文へ]