Picnik
fotoflex
fauxto

遊び心満載!ネット写真編集ソフトFotoFlexer登場

次の記事

KickApps、iPhone対応の動画とフォーマット発表

ネッ トの写真編集ソフトは良くなる一方。ハードコアな人にはもちろんPhotoshopやGimpみたいなデスクトップのソフトが定番だが、ネットの写真編集 ソフトはタダで使えるし超簡単&面白いのが魅力だ。その主だった製品Fauxto、Picnik、Picture2Life、Preloadr、 PXN8、Snipshotについては今年2月の特集で紹介したが、バークレイから遅れて登場したFotoFlexerも要注目!だ。

ここのサイトは7月に公開された。基本機能とFacebookの取り込みにのみ対応していたのが、先週の再オープンでツールがさらに豊富に。パソコンのウェブカムに直接アクセスしたり、Flickr、Picasa、MySpaceからも写真が取り込めるようになった。

写真はサイトにアップロードするか、対応サービスから取り込み、色を変えたり、エフェクトを加えたり、膨らましたり、つまんで体の部位を大きく見せたり小さく見せたりして遊べる。スケッチやアニメにも変換OK。10分ぐらい遊んでいろんなバージョンを試してみたのが右の画像だ(左上がオリジナル…言うまでもない?)。一番面白かったのはヘアカラーだけど個人的に気に入ったのは上から3段目の左かな。

Fotoflexer では自社独自の人口知能アルゴリズムを活用して画像修正にピッタリな手法を割り出している、とかいう話だ。まあ、なんでもいいけどうまいもんで、利用する側はサイトで削除・変更したいエリアを何ヶ所か指定するだけで、あとは残りのピクセルを速攻で計算してくれるのだ。全部Photoshopでできることばかりだけども、 Photoshopでやるともっと時間がかかるしね。FotoFlexerの場合、ここで紹介した他のソフトの大体が未対応の、複雑な画像修正用レイヤ作成なんかもサポートしている。

FotoFlexerはウェブカムに直接つなげるのでササッとスナップ撮影して修正も可能。エフェクトはMac全モデルに搭載のPhoto Boothアプリケーションに似ているものが多い感じ。

サードパーティーのサービスが取り込めるようになった点も素晴らしい機能改善で、これだとFacebookなど対応サービスの画像をプルダウンで選んで修正し再アップロード…この作業が数分で済んでしまう。

サービスはFlashで動作し、 Flexプラットフォーム上に大部分はカスタムのツールで構築した。同社は資本未調達で、現従業員15人は全員シリコンバレー&ベイエリア在住だ。同社が出しているFacebook対応アプリおよびサイトの利用者は計およそ5万人だが、今後ソーシャルネットワーク利用者が自分の写真をアニメに変えたり、髪をピンクに変えて遊ぶ楽しみに目覚めたら、この数はもっと増えそうだ。

[原文へ]