Digg

Digg、大改造

次の記事

Facebookがユーザー乱用防止に新手、アプリケーション評価方法を変更

Kevin Roseが8月22日に書いていたDiggのテンプレートと新機能がライブになった。

新しいルックスのDiggでいちばん変わったのは、フロントページにビデオが入ったこと。他には、ページと記事サマリのレイアウトの微調整や、ナビゲーションの整理とカスタマイズのオプションが追加されたことなど。

記事を隠すにはこれまでの2クリックから1クリックになった。記事の投稿も無駄がなくなった。

第一印象: よくわからない。これまでページの先頭にあったツリー型のコンテンツ一覧がドロップダウンメニューに代わって、全体的にルックスが少し女性的になった。濃い色が使われていた以前のDiggテンプレートが薄いパステルカラーに近い色のものに代わった。トップページにビデオが入ったことによって、ページをスクロールした時のDiggの記事の流れがさえぎられる感じがする。

DiggのDaniel Burkaによると今回の変更はDiggユーザーの意見を聞いて行ったものだということなので、おそらく新しい外観はみんなに受け入れられるのだろうから、私が少々うるさいだけだろう。デザイン変更についてのDiggのスレッドのコメントを見ると、賛否は半々というところだ。

アップデート: Aidan HenryがSkypeで送ってきてくれた情報: 記事ページには広告が増えているし、トップページの順位表のすぐ下には300×250の広告スペースがついた。私が見ている間にはどちらにもアニメーション広告が流れていて、ユーザーにとってはうるさいとしか言えない。

digg1.jpg

[原文へ]