ニュース
Facebook / フェイスブック(企業)

Facebookがユーザー乱用防止に新手、アプリケーション評価方法を変更

次の記事

Amnesty Hypercubeでウェブウィジェットをデスクトップへ

Facebookは先週、おとりやプロフィール広告の差し替え、友人スパムなど、アプリケーション開発者によるユーザーに対する悪質な乱用行為を防ぐために、開発プラットホームを修正した。

今日(米国時間8/27)、追加の修正が発表された。またFacebookは、アプリケーションの人気度の評価基準を変更し、アプリケーションに参加したユーザー数だけで決めるのをやめることも公表した。

ユーザーを乱用から守る

今日、Facebookは再びプラットホームを修正し、疑わしい行為をさらに制限した。Facebook開発者用サイトのブログ記事Dave Morinが新しいルールを解説し、「今度の修正によって、良いアプリケーションの割合が増えることを期待している」と述べた。

アプリケーションがオーナーに知られずにプロフィールに何かを置くことはできなくなった。これまでは、友人がプロフィールを見るとアプリケーションが広告を表示する、ということがオーナーにわからないように行われていた。

Facebookはさらに、友人に招待状を送ることに制限を加え、アプリを登録したユーザーにメールを送ることも禁止した。

アプリケーション基盤

Morinはまた、Facebookは、ユーザーが追加したアプリケーションについて詳しい情報を提供することにして、現在のような追加しっぱなしの状態を解消するという。

今週からアプリケーション一覧の基盤をユーザー活用度中心へとシフトします。これによってユーザーがアプリケーションを追加する判断を助け、開発者はユーザー数よりもユーザーに活用してもらうことに集中できるようになります。詳細は、来週修正が公開されるまでお待ちください。

この変更は歓迎だ。出来たばかりでユーザーの少ないアプリケーションでも、ユーザーに本当に気に入られれば上位にランクされる可能性がある。実際にどうやって活用度を測るのかはまだわからないが、総合的には、今は見つけにくい、無名だけど「良い」アプリケーションにとっては良いニュースだ。


迅速に展開中のプラットフォーム

Facebookは、まだ早期段階にあるプラットフォーム。そして、ユーザー層の悪用減少を図るため、必要な手段を取りつつあるのは良い事だ。しかし、これまでの悪用者に対して是正措置を取るようには見受けられない。つまり、何百万というユーザーを疑問の残るような方法で、すでに獲得したアプリケーション(提供者)はそのままユーザー層を保持できるということだ。

アプリケーション・ディベロッパーたちは、Facebookプラットフォームの脆弱性を見つけることでは罰せられない。そのため、Facebook(とFacebookの投資家達)以外は、同プラットフォームの悪用可能な新たな脆弱性の発見に注力するだろう。もし、Facebookが最も悪質な違反者たちに罰則を与えれば、おそらくその他の者も(プラットフォームを)悪用する動機を失うかもしれない。

また、悪用者以外にも今回の変更はわずらわしいものだ。例えば、ユーザーに連絡を取るためにメールは利用できないので、それ以外の連絡方法を見つけなければならない。このような状況はあやふやで、はっきりしない環境を作り出す。そして、このような環境では、機能性が消滅してしまうかどうか分からないため、善良なディベロッパー達が開発を進める意欲は低下してしまう。

結局のところ、プラットフォームが悪用される度に悪用阻止のため、その場しのぎ的な対応を取るのでは無く、生態系を管理するような対策が必要になるのかもしれない。アプリケーション・ディベロッパーの行動をFacebookが、より積極的に監視する役割を担うようになれば、より主観的な賞罰制度が、やがては出現するだろう。その善し悪しは別として、ほぼ不可避の事態だろうと思う。

[原文へ]