ニュース
Farecast

Farecast、ホテル料金を公正に比較するためのデータを提供

次の記事

Apple TVを持っていない人のためのApple TV

シアトル拠点のFarecastは、1年半前にローンチしたスタートアップで、航空運賃を予想して、ユーザーに対して値上りしないことを保障するサービスを中心としてきたが、今度は低料金のホテルの部屋を探すサービスに手を広げた。

サイトのホテルエリアでは、複数のトラベル検索エンジン(Orbitz、CheapTickets、Reserve Travel)の結果に基づいてユーザーが価格を調べることができる。結果は料金や基本情報とともにすべて地図上に表示される。

さらに、ホテルの中まで見ることができるので、料金に見合っているかを調べることができる。大半のホテルが、星によるレーティングだけでは、地元のホテルと比べて高すぎるのか安いのかを判断できない。時間がたてば、市場の力で平滑化されていくが、そのホテルを知らない人は概して高い料金を払いがちだ。Farecastを使うと、特定のホテルについて料金か妥当なものかどうかがわかる。

お得な料金のホテルには赤で印がつけられる。高すぎる部屋は青。

Farecastの航空券ビジネスとはかなり違う。あちらは、航空運賃が出発日までに上がるか下がるかの予想を支援するのが基本だ。しかし、良いホテルを最良の価格で探している旅行者にとっては、同じくらい有用なサービスだろう。

[原文へ]