tellthem
DEADPOOL

MySpaceの新会社潰し、今度はTellThemが犠牲に

次の記事

SeedCamp最終候補決定、出資先5社は来週発表

tellthemlogo.pngMySpaceがまたスタートアップ斬り。昨晩(米国時間8/29)、生まれたばかりの新サービスTellThem.mobiに訴訟も辞さない構えだと脅しの電話をかけた。TellThem.mobiは携帯電話から友だちみんなにメッセージが送れるサービスだ。

TellThemのサイトには簡単にこう書いている。

「2007年8月29日水曜日、MySpaceより、ウェブを閉鎖しないと訴えるとの脅迫電話あり。MySpaceのサービス規約違反は明らか…. Facebookに乗り換え”

まったくだ。Facebookに乗り換えるのが得策だ。TellThemのほかにもMySpaceいじめに怯えるスタートアップは数知れない。前にもDatingAnyoneSingleStatusが潰されたし、RealEditorはコピーされた。ウィジェットは全て機能停止の一幕もあったし、PhotoBucketもMySpace八分の憂き目に遭っている。

それにしてもMySpaceが開発者プラットフォームで開発者育成に取り組む一方で、まだこんなことが続いているのは驚く。過度な嫉妬から法手段を振りかざしても、成長するMySpaceから頭脳の枯渇を招き、もっと風通しの良い場所に開発者が逃げるだけではないか。

TellThemはBeboにも乗換えを考えているようだ。

Marshall、情報提供ありがとう。

Update: TellThemがらみでMySpaceが問題視しているのは、MySpaceアカウントへのログインのプロキシを提供していること。こういうサービスは、身分認証情報を集めて不正利用に使うフィッシングサイトと取られかねない。これについてTellThemのJason Coxは、同社が使うメッセージ機能にアクセスできるAPIがないので身分認証情報を収集するほかなかった、と話している。Jasonが前にやっていたMySpace関連のスタートアップBuddyWaveではこの点は全く問題にされなかったという。TellThemにはもう、Facebook向けに開発するようモバイル事業部ディレクターから依頼のメールが届いている。

[原文へ]