designmyroom

DesignMyRoom―とてもよくできたバーチャルインテリアデザインツール

次の記事

SocialMedia、誰でも使えるFacebook用セルフサービス広告

今日(米国時間8/30)の午後、DesignMyRoomがローンチした。これはSwatchbox Technologiesという会社の新サービスで、部屋の写真とDesignMyRoomが用意したライブラリを使って、自分の部屋をバーチャルに飾り付けていくというもの。この会社は設立11年で、同じような機能のデスクトップ用ソフトウェアをこれまでに200万本販売している。

MyMiniLifeがいいかなと思っていた人も、こちらをしばらく使ってみてほしい。

まず、白紙の部屋か、アップロードした自分の部屋の写真を用意する。そこに、床、塗装、作り付けの棚、家具などを置いて飾り付けていく。テストで自分の部屋を作ってみたので、上の写真でビフォー・アフターを見比べてほしい。プロジェクトは公開設定にしてあるので、誰でもログインして修正できる。こちらからどうぞ

オブジェクトはリサイズや回転、移動が可能。同社では次のステップとしてユーザーがアップロードした画像を部屋に貼り付けられるようにするそうだ。細かい点にもこだわっていて、例えばクローバーやランプの後に影が写っているのがわかる。

あと、プロジェクトを他のサイトに貼り付けられるようになればすばらしい(いずれやってくれると思っている)。

ビジネスモデルはわかりやすくて、すばらしい。バーチャルの部屋に置いた物の実物を売っている。プロダクトプレイスメントなど別の広告手法でも収益を上げている。

[原文へ]