Facebook創業者を名乗る別の人物、また現る

次の記事

Google Earthの隠れ機能「フライトシミュレータ」で地図上空を飛ぶ

greenspan.jpgニューヨークタイムズの調べで、Facebookファウンダーを名乗る人物がまだ他にもいることが判明した

Mark Zuckerberg(右)のハーバード時代の同級生Aaron Greenspan(左)の訴えによると、FacebookやConnectUができる前に、大学生のソーシャルネットワーキングシステムの本当のオリジナルを作ったのは彼なのだという。

ミスターGreenspanは、Facebookがオープンする半年前の2003年にhouseSYSTEMと氏が呼ぶウェブサービスを構築したと話している。houseSYSTEM利用者はハーバード大学の学生数千人で、今のFacebookと似た機能を提供していた。そして(後に今のFacebookを始めた)ZuckerbergはhouseSYSTEMのユーザーだった。

Greenspanは「Facebook」という名前も自分が考え出したのだと、クレジットを求めている。彼がタイムズに見せた2003年9月19日付けのメールにはhouseSYSTEMの新機能の説明があるが、これが“the Face Book”だった。そして、Facebookが2004年サービスを開始した当時、元々使っていた名前とURLは“TheFacebook”だ。

Facebookの経営権を求めてZuckerbergを提訴しているConnectUファウンダーたちと異なり、Greenspanの主張はまだ今までのところFacebookファウンダーとしての認知が得られれば満足、という範囲にとどまっている。

Update: これに関連のニュースだが、ConnectUからの訴えを退けるよう、Facebookが再び判事に働きかけているようだ。詳細はこちら

[原文へ]