GPayはGoogleのキラー携帯アプリになるか?

次の記事

Paypal購読サービスの障害長びく

8月30日におもしろい特許が公表された。それによるとGoogleは携帯電話を利用した支払いシステムを開発中のようだ。

これはテキスト・メッセージによる支払いについての特許で、Googleは「GPay」という名称で携帯に特化した支払いシステムの詳細を説明している。

特許の説明に挙げられている例によると、自販機やオフラインの店からのアイテムの購入にも使われるというシナリオのようだ。

GPayによる携帯支払いシステムがプラットフォームによらず利用できることはありうるが、Google自身が携帯電話に参入しようとしているきわめて 強い兆候がある以上、GPayはGPhone専用のサービスとなるかもしれない。Googleは携帯から直接支払いができるという機能によって他の携帯に差をつけることができる。

携帯からの支払いシステム自体は目新しいものではない。私は駐車場の料金をその場で携帯から払うことができる。しかしGoogleが提供しようとしているのは、どうやらもっと幅広く、さらに重要な点だが、携帯キャリヤの料金システムと独立に利用できる支払いシステムのようだ。Googleのライバル、PayPalはすでに3月に携帯による支払いシステムをローンチしているが、人気沸騰とまではいっていない。Googleはこれに対してGPayをGPhoneに組み込むというワザが使える。

Patrickの情報提供に感謝。

gpay1.png

gpay2.pnggpay3.png

[原文へ]