世界を旅する人のSNS「Dopplr」、最強のシード投資を確保

次の記事

RockYou、Like.comの画像検索をスライドショーに取り入れる

友だちと旅のプランを共有できる招待オンリーのソーシャルネットワーク「Dopplr」が、Saul KleinのリードでMartin Varsavsky、伊藤穰一氏、Reid Hoffman、The Accelerator Groupから初期投資の調達を完了したことを明らかにした

このソーシャルネットワークは、年5回以上旅行する人に役立つサイト、自分の行き先を友だちに教えたい人に使えるサイトを目指している。旅のプランを共有する一番のメリットは、世界中どこでも、訪問予定地に友だちがいつ寄るかまで分かる点。例えばロンドンに行くと決め、仮に友だちが1人そこに今住んでいるとしたら、Dopplrがすかさずそれを教えてくれるのだ。

一般公開はまだだが、Dopplrユーザーは既に世界2000都市以上にまたがる11000万km(7000万マイル)の旅の情報を共有しているという(同社)。

今ラウンドに加わる投資家はLast.fm、Joost、FON、LinkedIn、Flickr、Technorati、Wikia、Xing、Stardoll、Six
Apart、Netvibesなど、これまでにも名だたる企業に投資の実績のある面々である。

Dopplrに招待状が欲しい? ご用命はInviteShateまでお気軽に。

David、スクリーンショットありがとう。

[原文へ]